1. トップページ
  2. 乳酸菌・ビフィズス菌が肌にいい理由

乳酸菌・ビフィズス菌が肌にいい理由

ヨーグルトパックに目をつけたあなたはいいセンスしています。でも残念。ヨーグルトパックだと美肌菌である乳酸菌・ビフィズス菌を肌に残せないのでダメということでしたよね?

ヨーグルトパックが残念な理由はこちら

ではなぜ乳酸菌・ビフィズス菌が美肌菌と呼ばれ、肌にいい作用をもたらすのか知りたくないですか?知ればもう肌に美肌菌を増やしたくて仕方がないはずです。

実は肌には一杯細菌が住み着いている!

肌トラブルは善玉菌と悪玉菌のバランス崩壊

お腹には善玉菌と悪玉菌がいるように、お肌にも両方住み着いています。ニキビの元になるあのアクネ菌や、毒性の強い黄色ブドウ球菌もいます。

そんな悪い菌が肌にいたら大変!となりそうですが、善玉菌である美肌菌がしっかり存在すると、これら悪玉菌は悪さを全く起こしません。つまり善玉菌(美肌菌)を増やして維持することで、あらゆる肌トラブルが予防できるというわけです。

美肌菌はお肌を弱酸性にする

肌に住み着いている最近は皮脂と汗を餌にして分泌物を作ります。美肌菌が作る分泌物は肌を弱酸性に保ち、外からの刺激をブロックしたり、肌が生まれ変わるのを助けてくれます。

逆に悪玉菌が繁殖すると肌を攻撃する物質を作ってしまい、肌荒れやニキビ、老化の元になってしまいます。

美肌菌は保湿成分を作ってくれる

乾燥で悩んでいませんか?もしかするとあなたの肌に美肌菌が少ないのかもしれません。なぜなら、美肌菌が作り出す分泌物には保湿成分があるからです。

乳酸菌・ビフィズス菌が作り出す保湿成分は肌に元からあるNMFなどの天然保湿因子の他、ヒアルロン酸の2倍もの保湿効果がある物質を作るなど大活躍するんです。